初デートの時間はどれくらいが正解? 理想的な時間は「これ」だ!!

恋愛

まいど。らっちです。

今回は、「デート」に関する話をしていこうと思います。

みなさんは、こんな経験、悩みをしたことはないでしょうか。

デートまではいけたのに、2回目がない…

・・・実を言うと、これは昔のぼくが経験していた悩みなのですが、おそらく同じ悩みを抱えている人は多くいると、ぼくは思っています。

そして、これは何が原因で起こってしまうのでしょうか。

時間

です。結論から言ってしまいますが、フラれる男どもは、初デートの時間が長すぎるのです。ということで今回は、「初デートの時間は、どれくらいが最適なのか」という問題について、ぼくなりの意見を書いていこうと思います。

長すぎるデートは沈黙を招く

先ほども書いたのだが、初デートに失敗する人間は、デートが長すぎる

経験のない人が、長時間のデートに挑むとどうなるのか。

会話のネタが尽きる

初対面の友達どうしで、ご飯に行く場合を考えてみてほしい。相手のことを知らない中で、どんな話ができるでしょうか。どれくらいの間、相手を飽きさせることなく、話を続けることができるでしょうか。どれくらいの間、相手にスマホを触らせずに、話を続けられるでしょうか。

おそらく、持って20分くらいでしょう。

「相手を飽きさせることなく、コミュニケーションを取る」というのは、案外難しい

ことなのです。

そして、その相手が「気になっている人」だったら、どう変わるでしょうか。おそらく、話はもっと続かなくなります。「この話をしちゃったらダメかな??」「この話は嫌われるかも・・・」「どこまで話すべきなんだろう・・・」などと、相手が「気になる相手」だからこそ起こる問題が多数あるからです。

そして、話が続かなくなるとどうなるのか。冷められます。そして悲しいことに、一度冷めた女の子は元に戻りません。このことを、超有名インスタポエマー「無実くん」は、こう書いています。

女の子って本当に好きだから

なんでも我慢するし何気なく笑っているけど

女の子が冷めてくると

なんで好きだったかわからなくなる

LINEをそこまで続けようとしない

返信や返答が面倒くさくなる 鬱陶しい

拒絶反応がでてくるし

好きだった分 もう愛すことはないんよな。

そうなんだよ!!

デートまで来てくれるってことは、「好き」という気持ちがどこかにあった、ってことなんだよ!!

でも、そのチャンスを逃してるの!!

もったいない!!!!

経験のない人ほど「デートは短く」するべき

経験のない人ほど、デートは「短く」済ませるべきです。なぜか。

ボロを出さずに済むから。

デートが長時間になると、絶対にボロがでます。たとえば、歩くスピード。男性の歩くスピードは、女性に比べて圧倒的に早い。相手がハイヒールなんて履いてきたらなおさらです。ちょっとした配慮がなければ、少し歩くだけでも相手は疲れを感じてしまうのです。

女性は、男性の知らないところでストレスを感じているのです。

これは言われなければ気づかないことです。知らなければ仕方ありません。次に活かしていきましょう。

そして、デートを早く切り上げるメリットには、実はもう一つあります。それは、

女性に減点されなくて済む

という点です。

女性の恋愛は減点法です。合格点を下回ったらその時点で失格。相手にされなくなります。だったら、できるだけ減点される可能性を減らした方が絶対に良い。長時間のデートは、その点でリスクだらけです。「告白は3回目のデートで」という言葉がありますが、告白を成功させるには、できるだけ減点を少なくした状態で3回目のデートを迎える必要があります。

だったら、短い時間で回数を重ねるほうが絶対に良い。「短時間でデートを終わらせる」ことは、この点でも非常に有利なのです。

しかし、このようなことは、言われなければ絶対に気づきません。それを考えると、経験のないうちは、短時間でデートを切り上げたほうが自分のためになるし、相手のためにもなるのです。

初デートの最適な時間とは

結論から言います。90分です。

もう少し具体的に言うと、90分間レストランで食事をする。これが一番だと、個人的に思っています。

では、90分間を、どう使うのか。

マッチングアプリ専門家の伊藤早紀さんは、このような時間の使い方を推薦しています。

10分:自己紹介、アイスブレーク(世間話)

40分:相手の話を引き出す

30分:恋バナ

10分:次のデートの約束

【マッチングアプリ】初デートで絶対にやってはいけない2つのこと

しかし、ぼくから言わせると、

恋バナの時間、長すぎ。

30分も恋バナできるって、それもう恋愛上級者だわ(笑)

おそらく、この記事を見ているきみたちは、30分も恋バナできるほど話を持っていないだろうし、たとえ相手が恋愛経験豊富な人であったとしても、30分もたせるのはキツいと思う。

ということでぼくは、このような時間配分を提唱したい。

15分:自己紹介、アイスブレーク(世間話)
30分:相手から話を聞きだす※
30分:相手から聞いた話と、自分の話を聞いて話す※
※上2つは、適時使い分けること
10分:恋バナ(軽く触れる程度に)
5分:次のデートの約束
正直、恋バナは軽く触れる程度で良い。「相手に彼氏彼女がいるか」だけを聞くくらいでも全然OK。
ただし、恋バナは必ずしておくこと。これがないと、好意があることが伝わらないからだ。「この人、ご飯には誘ってくれるけど・・・」って思われてしまうぜ。
 

まとめ 名残惜しいけど、さっさと帰ろう。

以上のことを踏まえると、ぼくの初デートに関する考えはこんな感じになる。

・初デートに失敗する原因は「時間」にある。
・長すぎるデートは沈黙を招く。一度そういう雰囲気になってしまうと終わり。
・経験のない人ほどデートは短く!!ボロが出るのを防げるし、今後につながる確率が上がる!!
・初デートに最適な時間は90分!!時間配分に注意!!
グダグダになる前にさっさと解散する。名残惜しいかもしれませんが、90分で初デートを終わらせておけば、致命的なミスがない限り次へとつなげられます。
「お楽しみは後で」。
その気持ちを胸に、初デートを成功させてもらえればと思えます。
それでは。今日も良い一日になりますように。
 
<おすすめ記事>
error:
タイトルとURLをコピーしました