「一部・半分だけ」正しい情報を正しく理解するコツ。

ガチで語る

「ご覧ください!!トイレットペーパーが、なんと、なんと無くなっています!!!」

4月上旬、在庫が十分にあるにも関わらず、「トイレットペーパーが無くなる」というウワサが流れ、トイレットペーパーが無くなったという印象は記憶に新しい。

このことを、多くのメディアは「デマ」だと報じました。しかし、それは間違っています。というのも、「情報を発信した人が、トイレットペーパーを買えなかった」、このことは紛れもない事実だからです。少なくとも、この情報を発信した人は、「トイレットペーパーがない」ということが事実だと思ってSNS上に書いたのであり、そしてまた、そのときのそのお店においては、トイレットペーパーが売り切れていたということも事実なのです。

このような情報を、ぼくは「半分だけ正しい情報」と名付けました。今回は、この「半分だけ正しい情報」とどう向き合っていくかについて書いていこうと思います。

「半分だけ正しい情報」とは?

→正しいことも含まれているが、間違ったことも入っている情報のこと。

この記事の最初に書いたこともこの例なのですが、もう少しカンタンな例をここで書いておきます。

たとえば、下の「総務省 労働力調査」のグラフをご覧ください。

たとえば、上のグラフを見て、

1990年から1998年にかけて、完全失業者が50万人以上増えている!!雇用を減らすな!!この頃の官僚は無能だ!!

という発言があったらどうでしょう。

おそらく、多くの人は「何言ってんだこいつ」となるでしょう。なぜかというと、この期間、就業者は400万人以上増えているからです。この点と完全失業者数のグラフ比べてみると、就業者数は明らかに増えています。よって、雇用が減っているというセリフは明らかに間違っています。

しかし、完全失業者数を示す赤いグラフを見てみてください。1990年から1998年にかけて、この赤いグラフはどう動いているでしょうか。明らかに増えていますよね。100万人台前半から200万人を超えるところまで失業者が増えています。よって、失業者が50万人以上増えているというセリフは明らかに正解です。

このように、正しいことと間違ったことが一緒になった情報を、「半分だけ正しい情報」と呼ぶのです。

「半分だけ正しい情報」とどう向き合うか?

世の中には怪しい情報があふれている

みなさんご存じのように、世の中には怪しい情報があふれています。このような情報を判断するには、

複数の情報を比較してみる

ことが一番なのですが、それが難しい場合があるのも事実です。下のnoteなんか、とても良い例ですよね。

では、このような「他と比較しづらい情報」と向き合うにはどうすれば良いのでしょうか。

自分の情報と比べてみる

これが一番信頼できる方法です。自分に関する情報は自分でその真偽を判断できますからね。ただし、これを使える範囲は自分が行っている範囲に限られているという点に要注意

例を一つ挙げてみましょう。たとえば、先ほどのnoteに書かれていたY氏は「インプレッション260万」とTwitter上で主張していますが、これについてはどうでしょうか。

ぼく(らっち)Y氏
フォロワー数570(6/6現在)2,741(6/6現在)
おはようというリプの数2~3(たまに忘れる)毎日30前後
月間インプレッション数10万(5/17スタート)(3/16ごろスタート?)
筆者とY氏の比較

さて、一通りの情報が集まりましたが、ここで「フェルミ推定」を使っていきます。

フェルミ推定に関しては下の記事でも行っています。

筆者とY氏を比べてみると、フォロワー数に関しては5倍程度の差となっていますが、リプ数に関しては10倍前後の差がついています。この点から、アクティブユーザーの数はY氏が筆者の10倍程度の人数がいるという結論が出ます。また、インプレッションというのは、Twitter上で表示されればカウントされるので、RT等を考えると260万インプレッションというのは少々多い気もしますが、妥当だと言えます。

信頼できる人・モノの情報と比べる

自分が「これは本当に信頼している」と思える人やモノと比べるのもありです。こちらのほうがより幅広い範囲の情報を得られますただし、信頼している「人・もの」そのものの情報が正しくない可能性があるので要注意です。信頼度が落ちるので、自分自身の情報が手に入れられるなら、そちらを使うべきです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「一部だけ/半分だけ正しい情報」とどう向き合うべきかについて書きました。どんな方法を使っても、正しい情報が、自分の欲しいときに手に入るとは限りません。本当に良い情報を手に入れたいなら、まずは行動すること。そして、自分なりにいろいろと考えて考えて考えてみること。100%の情報なんてそう簡単にはありません。

考え抜くことで、人は強くなれる。

それを肝に銘じてもらえれば、と思います。

それでは。今日も良い一日になりますように。

error:
タイトルとURLをコピーしました