【大学生にオススメ】コストコでバイトするメリットとデメリット。元店員が内部事情を暴露します。

大学生活

まいど。らっちです。今回は、「コストコでのバイト」について書いていこうと思います。コストコでのバイト経験のある私が、仕事の内容はどうなのか、待遇はどうなのか、等について話していきます。
なお、コストコのバイトには大きく分けて「短期(基本2か月契約)」と「長期」の2種類のバイトがあり、それぞれ待遇や仕事内容がかなり異なります。予め注意した上でご覧ください。

バイトするならギガバイトから!!
採用で最大15万円のお祝い金がもらえます!!
ギガバイト 詳しくはコチラから!!

仕事内容は?キツい?楽?

コストコには多くの仕事があります。ここでは、職種別に仕事の内容を紹介していきます。仕事内容によってキツさが大きく変わってくるのですが、配属は選べません。よって、の強さが仕事のキツさを左右します…。

①フードコート

一口にフードコートと言っても、たくさんの商品が販売されており、それぞれの担当によって何をするかが分かれてきます。短期バイトの人はここに回されることも多く、昼ごはんの時間帯になると行列ができるため大変ですが、単純作業になるためやること自体は簡単なことも多いです。

②レジ

主に、レジ打ち担当と「レジアシスタント」と呼ばれる、レジ打ち担当がスキャンしたものをカゴの中に入れていく仕事の2つに担当が分かれます。

レジ打ち担当は普通のスーパーのレジと変わらないです。このバイトは基本的に長期で働いている人が入ります。なお、レジ打ち担当は、レジを打っている間時給が50円上がるようです。

レジアシスタントは少し特殊です。具体的には、カートの上に乗っている重い商品(軽い商品はレジに置きます)を移動させてレジ打ち担当にスキャンさせ、その後、レジ打ち担当がスキャンした軽い商品をレジに戻したり、お客さんの持ってきた袋に入れたりする仕事です。短期バイトが入るのは主にこちらになります。この仕事はかなりラクです。配属されたらラッキーだと思いましょう。

③売り場担当

いわゆるセールスマンってやつです。試食担当や、裏方で商品をつくる担当、並べる担当等に分かれますが、短期であれば基本的に試食以外は入りません。こちらの担当は土日が地獄です。平日に働くのであればオススメですが、土日となると多くのお客さんが訪れ、通路を通り抜けるのもままならなくなってしまいます…。そのため、ここの配属になった人は…頑張ってください。

④駐車場

駐車場?警備員のことか?と思われたかもしれませんが、違います。ここでの仕事は、駐車場においてあるカートを移動させるというものです。この仕事は本当にキツい。従業員用の休憩室でこの担当の人が汗だくになって戻ってくるのをよく見ていたのですが、みんな見るからにヘトヘト。この仕事の担当になる人は「やらかした人」が多いとのウワサですが、実際にどうなのかはわかりません…。(あ、この仕事は女性の方もやることがありますよ\(^o^)/) 

コストコで働くメリットは?

コストコで働くメリットはたくさんあります。

まず、これは後でも説明するのですが、とにかく時給が高い時給は1,300円スタートと、平均よりもかなり高いです。これはどの倉庫店(コストコでは、店舗のことを「倉庫店」と呼びます)で働いても同じです。地方在住の方々には特にありがたいと思います。しかも、1,000時間働くごとに自動的に昇給していきます。上司との関係に関わらず、勝手に昇給していくのです。アメリカンな部分が出ていて素晴らしいですよね。

また、コストコの雇用条件は非常に良いです。特に、休憩時間のうち30分まで給料が出る(休憩時間は8時間以上の勤務で60分、5時間30分以上8時間未満の勤務で45分、5時間30分未満は15分出ます)という制度は本当に素晴らしいの一言です。従業員のことをちゃんと考えていることがよくわかる良い例だと思います。

そして、長期で働く方に限りますが、コストコの会員証が無料でつくれます。通常年4,000円以上する会員証が無料で作れるので、これはありがたいと思います。それに加えて、従業員限定の割引クーポンが配られたりと、まさに至り尽くせりと言えるでしょう。

コストコで働くデメリットは?

コストコで働くデメリットは主に2つあります。

1つ目のデメリットは、交通費が全額出ないことがあるという点です。コストコでは、お店と家との距離によって交通費が確定します。そのため、交通費が全額出ないことがあるのです。ぼくは片道20kmほどの距離を移動していましたが、そのときの交通費は1日325円でした。正直少ないです。おそらく、車通勤を前提とした交通費を出しているのでしょうが、これでは少なすぎます。コストコさんには、この点の改善について検討していただきたいと思います。

ただし、これはメリットでもあります。というのも、この交通費はどんな場合でも固定だという点です。例えば、家から学校までの定期を持っていて、その間にコストコのお店がある場合でも、交通費が出るのです。タダで交通費が出ることになりますから、これはありがたいですよね。

2つ目のデメリットは、お店へのアクセスが悪いという点です。コストコは、その性質上広い土地が必要になるため、どうしても郊外に出店することになりがちです。そのため、通勤には一苦労するところがほとんど。そのため、実際に遠方から働きに行くのはあまり効率的ではないといえます。

シフト・時給はどう?

シフトは、1ヶ月ごとに入る日を紙に書いて提出します(最低でも3週間前までにはシフトを出す必要があります)。アルバイトの人は基本7時間以内とかで入ります。ただし、入る日は最低4時間以上働く必要があるため、平日の放課後に入るといった方法は簡単ではないです。というのも、コストコは夜8時に閉店してしまうため、夜8時以降はシフトの枠が大幅に減ってしまうからです。また、土日の方が多くのお客様が来店するため、土日は基本的に入るように、と言われます。(もちろん、無理なら断れます。)

時給ですが、とにかく高い。時給は1,300円スタート、しかも1,000時間働くごとに14円~82円の範囲で時給が上がっていきます。実際、大学入学時からコストコで働き、当時大学4年生だった先輩は時給1,450円となっていました。これは、大学生としては相当高い金額です。また、たまに残業を求められる場合もありますが、これも1分単位で給料が出ます。高い給料を求めるならオススメです。

まとめ

今回は、コストコのバイトについて紹介しました。

コストコの店舗はとても広く、魅力的な商品に囲まれており、従業員同士を下の名前同士で呼び合うなど(従業員の名札には名字が書かれていません!!)、とても開放的な雰囲気の職場です。重いものを運ぶなど、体力勝負の部分もありますが、時給も高く、とても楽しめる職場です。

個人的にはおすすめです。

楽しい大学生活に、ぼくの書いたことが参考になれば幸いです。それでは。今日も良い一日になりますように。

バイトするならギガバイトから!!
採用で最大15万円のお祝い金がもらえます!!
ギガバイト 詳しくはコチラから!!
error:
タイトルとURLをコピーしました