【ディズニー閉園中】2か月ぶりに閉園中のTDRを訪問!!何が変わった?どう変わった?(Part1)

おでかけ/旅行

まいど。らっちです。

5月28日、2か月半ぶりに東京ディズニーリゾートに訪問してきました。今回は、そのときのレポートをしていきます。

3月7日にも東京ディズニーリゾートを訪問しました。そのときのレポートは下からどうぞ。

それでは本編に入ります。

舞浜駅には、昨年7月に開業した「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の大きなポスターが貼ってありました。このアトラクションは、ディズニーシーの中で今最も人気のあるアトラクションで、このアトラクションに乗りたいがためにパークの再開を待っている人も多くいると思います。もう少しお待ちください。再開はもうすぐです。

さて、舞浜駅を出てきました。

あれ、前回より人少なくね??

ちなみに前回はこんな感じでした。

少々時間が違うというのもありましたが、明らかに今回のほうが空いている印象を受けました。おそらく、閉園期間がかなり長くなってしまい、わざわざ舞浜を訪れる人も少なくなってきたのでしょう。これは良かった。今回は快適に観光できそうだ。やったぜ。とこのときは思っていましたが・・・。

イクスピアリ前では、マスキングテープを使った列をつくる線がつくられていました。というのも、6月1日からイクスピアリが再開されることが発表になり、多くの来客が予想されるため、それに備えて線をつくって行列を整理しようと考えたわけです。そしてどうやら、線と線の間にある白の点に沿って並ぶことで「ソーシャル・ディスタンス」を確保しようとしているようです。それにしても、この線ダサい。ディズニーっぽくない。

それはさておき、今回も「リゾートゲートウェイ・ステーション」からディズニーリゾートラインに乗ります。なお、前回訪問したときとは異なり、最終列車がリゾートゲートウェイ・ステーション20:03発に変更、終日14分間隔で運転となっていました。が・・・

なんと、7分間隔で運転されていました。どうやら、車両の入れ替え時間にあたっていたようです。とはいっても、この後すぐに14分間隔の運転に戻っていましたが。まあそういうこともあるのでしょう。個人的には、7分間隔の方が良かったのですが。まあ何分間隔であろうとぼくは乗りますがね。ということで、今回も一日乗車券を買います。

今回は「ディズニー・イースター2020」の一日乗車券を買いました。ディズニーイースター2020って今年の3月から6月に行われる予定のイベントでしたが、果たして開催することができるのか、それとも幻のイベントとなってしまうのか・・・。ディズニー側の判断が待たれます。

なお、先に言っておきますが、2020年5月28日現在、改札が稼働しているのは「リゾートゲートウェイ・ステーション」と「ベイサイド・ステーション」の2駅のみとなっています。そのため、全駅下車する場合でも、「一日乗車券」を買うよりICカードや普通のきっぷを買ったほうがお得になります。筆者はこの事実を知らなかったため、結果的に損をした…わけではなかったのですが(笑)、改札が使われていない駅があったことに驚いてしまいました。

それでは、実際に電車に乗って移動していきましょう。まずは、東京ディズニーランド・ステーションから。

前回来たときは工事中だった、ディズニーランドの新ゲートが完成していました。ものすごくきれいになっていますね。新型ウイルスと戦いながらここまで完成させてくれた工事業者の皆様、本当にお疲れさまでした。

東京ディズニーランド・ステーションに到着しました。それではさっそく改札を出てみましょう。ここまでお読みいただいた方はもうお分かりかと思いますが、

出れませんでした。

前回は改札を出れたのに、なぜ今回は改札を出ることができないのか。それは、前回(3月)はディズニーランドホテルが営業していたのに対し、今回は休業中だったことが影響しています。その証拠に、ディズニーランドホテル前ではここぞとばかりに大規模な工事が行われていました。

2枚目は少しわかりにくいと思いますが、ホテル左側に柵が覆われています。そして、その上からホテルの色に合わせたコンパネを張り付けているのです。このおかげで、工事をしているとは思えないようにしているのです。このへん、さすがディズニーです。すごい。休園期間をうまく利用して、オリエンタルランドさんにはもっともっと良いディズニーをつくってほしいと感じました。

今日はここまで。次回は、ベイサイド・ステーションとその周辺の状況を見ていきます。

それでは。今日も良い一日になりますように。

error:
タイトルとURLをコピーしました