ぼくが東京ディズニーリゾートを嫌う3つの理由

とりあえず書いてみた

こんにちは。らっちです。

今日はタメ語口調で書きます。よろしくお願いします。

まず結論を言うが、ぼくは東京ディズニーリゾートが好きではない。

もう少し正確に言うと、「東京ディズニーリゾートを経営するオリエンタルランドという企業が好きではない」なのだが。

こんなことを言うと、いつも不思議に思われる。

夢と魔法の国が嫌いな人間がいるのか。憧れの場所じゃないの??何言ってんのこいつ??

というのが、大方の反応である。

ぼくはディズニーは好きだ。ただ、「東京」のディズニーリゾートを経営する「オリエンタルランド」という会社にはどうも好感を持てない。

なぜか。私には3つの理由がある。

1.食品偽装を隠蔽した

昔、こんな事件があったのを覚えているだろうか。

f:id:ryotankottan:20200322004609p:plain

2013年10月、阪急阪神ホテルズの複数ホテルにおいて食品偽装が発覚し、その後全国の複数のホテルで次々に食品偽装が発覚し、大きな騒動となった事件についてである。

もちろん、阪急阪神ホテルズの食品偽装が許されないことであるのは言うまでもない。

しかし、この騒動の発端がTDR内のホテルにあったことはあまり知られていない。

これに関して詳しいことは以下の記事に書いてあるので参考にして頂きたい。

ディズニーランド食品偽装はなぜ批判されない?巧妙手法とマスコミタブー、ディズニー信仰
10月22日に阪急阪神ホテルズ(以下、阪急)が食材の誤表記を発表したことに端を発する食品偽装問題。その後も多くのホテルや百貨店で偽装表示の発覚が相次ぎ、大きな社...

正確に言うと、「隠蔽した」というのは正しくない。隠蔽したというよりは、マスコミによって意図的に隠された、言うほうが正しいのかもしれない。

記事の意図というのは、要するにオリエンタルランド社がマスコミ各社に大盤振る舞いしているため、マスコミ側が忖度している、ということを明らかにしている。(ちなみに、産経新聞では一応報道された。ただし、そうはいっても社会面にちいさく書かれていただけなので、手放しで褒められることではない。)

近年、マスコミの「忖度」なるものが次々と明らかにされ、Twitterを中心として世論を動かし始めているが、2013年の時点で「世論を金で買う」ことをしていたオリエンタルランド社を、私は許すことができない。

2.スタッフの給料が低い

私は以前千葉県に住んでいたこともあり、ディズニーキャスト経験者の友人を何人も知っている。彼らから聞く内容として、以下のような事柄が挙げられた。

メリット

キャスト限定でチケットが安く買えた。

やりがいがある。

デメリット

時給が低い。

シフトがきつい。始発・終電で帰ることもある。

メリット・デメリット双方あるのは事実だが、共通していることがある。それは

きつくてやめた。

ということだ。以下のサイトに、ディズニーキャストの時給が記載してあるので見てもらいたい。

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト
東京ディズニーリゾートでは、遊ぶこと、泊まること、食べること、ショッピング、すべてがエンターテイメント!東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの2つのテーマパークを中心とした滞在型テーマリゾートです。

時給1,000円~。そこそこあるじゃん。と思う方もいるだろう。では、以下のデータを見るとどう思うだろうか。

東京都 最低賃金 1,013円(2020年2月現在)

そう。TDRキャストは東京都にあるどの仕事よりも給料が低いのである。

毎日毎日、どんなゲストが来てもニコニコして接客しなければならず、仕事の関係上、始発・終電で帰ることもある。でも、TDRは千葉県にあるから千葉県の最低時給(923円、2020年2月現在)が適用され、時給1,000円。これでも法的には全く問題ありません。やってられっか、って話になるわけです。

3.(特に最近)入場制限をかけるのが遅い

f:id:ryotankottan:20200322004648p:plain

上のデータを見ればわかるとおり、TDRの入園者は増加を続けている。

しかし、これは同時に「混雑が悪化している」ことも意味していることを忘れてはいけない。

閑散期の入場者が増えた、という理由もあるのだろう。しかし、閑散期の入場者を増やすだけで年500万人も増やせるわけがない。つまり、混雑期により多くの人を入れている、ということを意味するのだ。現に、3月後半といった時期の混雑には拍車がかかっており、人気アトラクションともなれば150分以上の待ち時間が当たり前となっている状況だ。これに対し、オリエンタルランド側は入場料を上げることで混雑緩和を狙っているが、TDRがここ10年で大きく入場料を上げても利用者が減っていない現状を考えると、混雑緩和に効果があるのは疑問である。(この点に関して、2020年に新エリアを増設してパーク面積を増やし、キャパシティを増やそうとしていることは評価できる。しかし、たとえそれを行ったとしても、今までよりも多くの人間を入れ始めてしまうと意味がない。この点に関して、オリエンタルランド社には改善を求めたい。)

まとめ

オリエンタルランド社は、金と「夢と魔法の国」という言葉を隠れ蓑にして、様々な悪事を働いていることは紛れもない事実である。もちろん、TDRに行くかどうかは個人の自由である。しかし、常識を疑い、一度立ち止まって考えてみてほしいと切実に思う。

それでは。

今日も良い一日を送れますように。

error:
タイトルとURLをコピーしました