緊急事態宣言の中で大切な3つのこと 絶望ばかりしちゃダメだ。

ガチで語る

避難所生活のイラスト(困った顔)

みなさんこんにちは。らっちです。先日、以下のような記事を見ました。

www.zakiology.work

とても良い記事だと思いましたので、今回はタイトルをパクって(笑)違う内容を書こうと思います。

4月7日、東京や大阪など7つの府と県に「緊急事態宣言」なるものが出されました。すごーく簡単に言うと、緊急事態宣言とは、これまでの「自粛要請」をさらに強め、また一部の業界に関しては公的な規制を施すことができるようになるものだそうです。

さて、こういうとき我々はどうしていけばよいのか。今回は3つの考え方を書こうと思います。

1.無理をしない

いくら外出自粛だからといって、無理をするのは絶対にやめましょう。

勘違いしてはならないのは、屋外での運動や散歩は自粛対象外であるという点です。個人的には、これがロックダウンとの最大の違いだと思っています。運動不足になり、免疫が低下してしまうようでは本末転倒です。正しく対処しましょう。

2.ピリピリしない ストレスは適度に発散する

海外では、ロックダウンに伴い家で過ごす時間が増え、結果的にDVが激増しているというデータが入ってきています。いつもと違う慣れない状況で、不満がたまるのはとてもわかります。しかし、それはみんな一緒。人にあたりたくなる気持ちをぐっとこらえて、運動なりゲームなり、適切な形でストレスを発散しましょう。

3.小さな幸せを見つけよう

人間、どうしてもこういう時期に入ると「希望」というものが見いだせなくなり、「もうおれはなにもかもダメなんだうわーーーーん」となってしまいがちです。でも、

絶望ばかりしちゃダメだ。

人生山あり谷あり。いまが谷底なのだとまずは自覚しよう。そして、なんでもいいから、自分が幸せだと感じられるものを見つけよう。Mr.ChildrenがYouTubeに動画を上げてくれている。渡辺直美と星野源がInstagramでいっしょにLIVEをやっている。別にこれといったものはない。

楽しい。幸せだ。

この気持ちを少しでも感じられる、何かを最低1つは見つけよう。

途中から敬語がなくなってしまいました。申し訳ないです。

これから先何がおこるかわからない、嫌な時期になります。しかし、これを抜けた先には必ず「成長した自分、そして社会」が待っています。辛いときではありますが、がんばっていきましょう。

それでは。今日も良い一日になりますように。

error:
タイトルとURLをコピーしました