JALラウンジのカレーより美味いカレーを、ぼくは知らない。

おでかけ/旅行

JALラウンジ。

そこは、限られた人だけが入れる、特別な空間だ。

そして、ここには最高に美味しい食べ物が置いてある。JALラウンジ特製カレーである。

見よ、このゴロっとしたお肉。恐ろしいほどきれいに煮込まれた野菜。辛いのに食欲を削らない、計算しつくされた辛味。そして、赤ワインの風味が程よく効いた奥深い味わい。これぞ、カレーの完成系である。ぼくはこれを12歳のときに初めて食べたのだが、このときの衝撃を今でも覚えているほど、本当によくできた食べ物だと感じている。正直、これに並ぶカレーはこの世に存在しない。そう思ってこれまで生きてきた。

しかし悲しいことに、これを紹介しても、みんなわかってくれないのだ。というのも、JALラウンジに入れるのは限られた人間しかいないからである。10代、20代のうちにJALラウンジ、しかも国際線のJALラウンジに入れる人間(このカレーは国際線のラウンジでしか提供されていない)がどれだけ少ないか、少し考えればお分かりいただけるだろう。ぼくはたまたま、父親が「JALグローバルクラブ(上級会員カード)」を持っていたため食べることができたのだが、これを持っているご家庭は数少ないと言わざるをえない。

しかし、どうにかしてこの味をみんなに知ってもらいたい。

だが、ぼくがこの記事でどれほど「なぜJALラウンジのカレーは美味しいのか」を解説したところで、この問題は解決されない。それは「このカレーを食べたい!!」という願望を引き起こすことにはつながるが、食欲を満たすことにはつながらない。これは、食べ物を紹介するときに起きる難しい問題である。食欲は食べないと満たされないし、睡眠欲は寝ないとダメだし、性欲は(以下略) おっと、失礼。

それに加えて、某ウイルスが流行っている現在の状況下で「JALのビジネスクラスに乗って海外に行け。そうすれば食べられるから」と言っても納得してくれるはずがない。大体、ビジネスクラスという時点でハードルが高すぎる。かといって、「上級会員を取れ!!」と言うのも酷な話だ。そもそも国内線に乗るときに食べることができない(※)のも難しいところだ。ぼくたちのように、若い人間でも気軽に食べられる何か良い方法はないのだろうか。

※国内線に乗る場合、「ダイヤモンド・プレミアラウンジ(ファーストクラス・上級会員のさらに上級のカードを持っている人が入れるラウンジ)」ではJAL特製カレーを使ったカレーパンを食べることができます。




そう思って探していると、こんなサイトを見つけた。

どうやら、成田空港近くのホテル、「成田エアポートレストハウス」というところに行けば、このカレーが手に入るらしい。

しかし、どうやらホテルまで行かないと買えないらしい。通信販売もしてほしいのだが、どうやらやっていないようだ。これでは、神戸市民のぼくが買うのは難しい。これは辛い。

だが、誰が何と言おうと、「JALラウンジ特製カレー」は最高のカレーだ。今まで本当にありがとう。あまり頻繁に食べることのできない存在だけど、それがあるせいで余計に美味しい存在になってしまうのだろう。改めて本当にありがとう。今はまだ食べられないけど、これからもずっとそのままの美味しいJALカレーでいてね。また食べられるようになることを、この上なく楽しみにしているよ。

そして、もしこのブログを読んでいる人の中に、「JAL特製カレー」を1度も食べたことがないという方がいらっしゃったら、ぜひ一度食べていただきたい。普通の人が食べることは難しいと思うが、千葉県成田市周辺の方は「成田エアポートレストハウス」で食べることができる。実際にホテルに泊まらなくても食べられるので、ぜひ一度訪れていただければ、と思う。

成田江アポートレストハウス公式サイトはコチラ↓

追記)JALマイレージクラブ会員限定にはなりますが、「JALショッピング」「JALとっておきの逸品」にて、「JAL特製オリジナルビーフカレー」の販売が始まりました。よろしければぜひご利用ください!!

最後に、このカレーを作ってくれた人に、感謝の意を申し上げたい。こんなに美味しいカレーに出会えて、本当に良かったです。今後とも、このカレーで、JALラウンジを利用する皆さんを笑顔にしてください。

それでは。今日も良い一日になりますように。

追記)そういえば、関西空港にも「JALラウンジ特製カレー」があることに気づいたのですが、あれってどこかで買えたりしないでしょうか? ご存じの方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントでお知らせください。よろしくお願いします。

error:
タイトルとURLをコピーしました