【在宅/超高時給!!】Lionbridgeのバイトって実際どうなの?経験者が語ります。

大学生活

今回は、「Lionbridge」という企業の在宅バイトについてご紹介します。

結論から申し上げます。

高時給・在宅・楽 の三拍子がそろった最高のバイトです

英語のスキルがないとできません。

メリットが大きい分、英語という非常に大きな壁の立ちはだかるバイトとなっております。今回は、このライオンブリッジ社で1年間働いていたぼくが、このバイトのメリット・デメリットについて書いていこうと思います。

バイトするならギガバイトから!!
採用で最大15万円のお祝い金がもらえます!!
ギガバイト 詳しくはコチラから!!

↓高時給バイトの探し方はコチラ

仕事内容は?キツい?楽?

Lionbridgeでは多くの仕事を募集しています。ここでは、ぼくが経験した「Mobile search viewer」について書いていきます。

Mobile search viewerとは?

「Mobile search viewer」とは、簡単に言うと検索について評価する人です。たとえば、Google検索で「日本」というテーマが出され、それに関する画像(例えば、富士山やシンデレラ城)が表示されます。そして、我々がそれがどれくらいテーマに沿っているか評価する(富士山は日本の代表的な山なので☆5、シンデレラ城は日本以外のディズニーでも見られるので☆4、といった具合)のが一例です。ただし、「search」とついていますが検索エンジンだけを調べるのではなく、全く関係ない事柄(日本語を正しく直すなど)をやらされることもありました。割とその辺は適当のようです(笑)

Lionbridgeで働くメリットは?

続いて、ライオンブリッジで働くメリットについてです。Lionbridgeで働くメリットは、主に3つあります。

1点めは、とにかく賃金が高いこと。アイルランドに本社を持つ企業であるため、賃金水準もアイルランドの水準に合わせられており、賃金が非常に高くなっています。驚くことに、平均時給は1,900円と、恐ろしいほど高く設定されています。

ちなみにぼくは1,700円だったよ~!!

なお、職種によってはUSドルで支給される場合もあるということですので、応募の際に確認してみて下さい。

なお、業務委託契約となるため、税金の源泉徴収が行われません。そのため、収入が20万円以上となる場合、確定申告を行う必要があります。この点には十分注意してください。

2点めは、自由に働けるという点です。在宅ということもあり、もともと制限の少ない仕事ではありますが、ライオンブリッジのお仕事はその中でも特にゆるい。ぼくの場合、「働きたくなければ働かなくても良いよ(ただし最低月4時間は働いてね)」というゆるさがあります。他の予定が忙しくても続けられるという点がメリットです。ただし、これは人によるようで、「1週間のうち5日間働くこと」「2日間、毎日8時間フルタイムで働くこと」などといった条件がついている場合もあり、この点は十分確認してください。

ちなみに、あまりサボりすぎると「Log in Now!!」という催促メールが来ます(笑)

そして最後に3点目。カスタマーサポートが非常に充実しています。これまで何件かの副業サイトを作っていましたが、LionBridgeに勝るサポートを持っている会社は日本のサイトを含めても出会ったことがありません。担当者が海外にいるということもあり、時差の関係で対応に1~2日かかることもありますが、それは許容範囲でしょう。Appenとか1か月返事返ってこないしね。

Lionbridgeで働くデメリットは?

さて、ここからはLionbridgeで働くデメリットをご紹介します。デメリットとは言っていますが、どちらかというと「働く上での壁」と言ったほうが近いかもしれません。

まず1点め。これが一番大きな壁になります。英語を読み書きできる必要があるという点です。「英語??そんなのチョロいチョロい」って言っている方。ちょっと待ってください。

英語で履歴書を書き、雇用契約書を読み、テストを受け、仕事をし、問題があれば問い合わせをする。全部英語です

全部英語です。

これに耐えられるでしょうか。A4の紙、4~5枚、びっしり英語が書かれていても耐えられるでしょうか。はっきり言ってしんどいですよ(笑)

続いて2点め。いつでもクビになる可能性があります。雇用契約書にも「仕事のクオリティが低い場合、いつでもメールでクビを宣告します」と書いてあります。幸いぼくはクビにはなりませんでしたが、「7か月でクビになった」「38週目でクビになった」などなど、ネット上では多くの解雇報告(キックアウト)がなされています。仕事のクオリティには十分注意するべきです。

最後に3点め。これはデメリットといえるかわかりませんが、給与振り込みの際にかなりの額を手数料として取られます。というのも、Lionbridge社からの給与は「外貨送金」扱いとなるからです。例えば三井住友銀行を利用した場合、3,300円を「外貨送金手数料」として徴収されてしまいます。どこの銀行を利用しても数千円の手数料を徴収されてしまいます。他の海外サイトだと「PayPal」や「Payoneer」を使えることもありますが、LionBridgeは銀行振込のみの対応となっています。正直痛いですが、給料も高いのでそこは我慢しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、Lionbridge社の在宅バイトについてご紹介しました。

Lionbridge社でのバイトは、かなりの英語能力が求められており、言葉が通じづらい分、難しい部分も多くあるのが現状です。しかしその分、高い時給が保証されており、1年間やり通すことができればかなりの収入を獲得することができます。

個人的には、英語ができるのであれば超超超おすすめです。

毎日の生活に、ぼくの書いたことが参考になれば幸いです。それでは。今日も良い一日になりますように。

バイトするならギガバイトから!!
採用で最大15万円のお祝い金がもらえます!!
ギガバイト 詳しくはコチラから!!
<今回ご紹介した記事>

<おすすめ記事>

error:
タイトルとURLをコピーしました