神戸の下町・湊川に、「神戸らしくない」風景が残っていた件。

ウラ関西シリーズ

「おしゃれ」という印象ばかりが先行する街・神戸。

しかし、その神戸市とて150万人の人口を抱える都市であり、全てのエリアがおしゃれであるわけがなく、神戸市中心部・中央区の周辺に位置する兵庫区や長田区、灘区といったエリアには下町庶民文化がさぞ当たり前であるかのように転がっている。実際、神戸市公式移住ポータルサイト、KOBE addressでは「下町情緒エリア」という名前で「湊川・新開地周辺エリア」「新長田周辺エリア」の2つが取り上げられている。

今回はそのうちの一つ、「湊川エリア」についてご紹介しようと思う。

やる気のない神戸電鉄

湊川エリアの中心地となるのは、神戸電鉄の湊川駅、神戸市営地下鉄西神・山手線の湊川公園駅となっている。この2駅は名前こそ違うものの、駅としては一体となって運営されており、もともと神戸電鉄のターミナル駅となっていたこともあって、神戸高速鉄道の途中駅となった現在でも、それなりの体裁を保っている・・・のかと思いきや、意外とそうでもないのが現状だ。

神戸電鉄湊川駅の改札を出て地上に上がると、まず最初に見えてくるのが「神鉄観光」なる旅行代理店だ。このエリアには、個人経営と思われる居酒屋がひしめいており、いかにもアングラな雰囲気が既に出ている。もはや下町というより「裏側」とでもいったほうが良いのかもしれない。それにしても、JALの看板、古すぎだろ・・・。

「神鉄観光」に載っているJALのマークは、1989年から2002年にかけて使われたものです。つまり、ここの看板は18年以上変わっていないということを意味します・・・
そして、この「神鉄観光」なのだが、なんと土日祝日休みという体たらくである。昨今、新型コロナウイルスの影響で観光業界が大きな打撃を受けているのはみなさんご存じかもしれないが、ここの店舗に関しては昨年からずっとこの状態らしい。法人を中心に相手にしているというのもあるかもしれないが、いくら何でも少々やりすぎだろ、と感じざるを得ない。
そして画像を見ればわかる通り、「しばらくの間、営業時間を 平日10時から13時半まで とさせて頂きます」とまで書かれている。平日の9時から15時までしか営業してくれない銀行も真っ青だ。

神戸電鉄のやる気のなさは「神鉄観光」に留まらない。湊川駅から直結している「神鉄横丁」もこの状態だ。いったいいつ建てられたのか想像もつかないが、おそらく特にリニューアルもされないまま令和の時代まで来てしまったのだろう。湊川駅が神戸電鉄のターミナルだったころはさぞかし賑わっていたのかもしれないが、これも今となっては完全に時代遅れ。昭和の時代そのままのたたずまいが今でも見られる、ある意味貴重な地下街となってしまっている。

再開発ビルと商店街が共存する街並み

しかし、それだけで終わらないのが湊川のすごいところ。昭和一辺倒の街並みかと思いきや、「湊川パークタウン」なるシャレオツな建物だってちゃんとある。

湊川パークタウンの最大の特徴は、なんといっても公園の下にショッピングセンターを作ってしまったという点に尽きるだろう。公園が3階にあるという時点で既に驚きなのだが、これは天井川の跡地に公園を作ったという事情があるかららしい。それにしても、昔の人間はどうすればこういう発想が出てきてしまうのか、驚くばかりである。

そんな事情もあってか、公園の中には上の写真のように「地下鉄 パークタウン入口」と書かれた入口が随所に存在する。まぁ、ここから地下鉄に行こうとしたら4フロア分降りなければいけない訳ですが。階段を降りた先は2階だからね(笑)

そして、先ほどあげた湊川パークタウンのすぐ近くに位置する「ハートフルみなとがわ」も同じようなビルとなっている。こちらは阪神淡路大震災の後、もともと市場だったところを使って建て直されたという経緯もある関係か、吹き抜けが非常に多く、まるでどこかのイオンと勘違いするほどキレイだ。

とはいっても、あくまでそこは再開発ビル。元々の地権者が多数入居しており、元々市場だった関係もあって肉屋や魚屋といった、おおよそ再開発ビルらしくない光景が広がっていたりする。そしてその肉屋でコロッケを買い求める高校生たち・・・ イオンじゃ絶対見られない光景の誕生だ。自由な街やなぁ・・・

しかし、たとえそのような再開発ビルの1つや2つがあったところで、それらはメインではない。あくまでメインは商店街なのだ。様々なお店が立ち並び、人がそこで買い物をする。そんないかにもな空間がそこには広がっていた。たとえ神戸市であっても、日本に根付いた習慣は変えられない、そう感じた一日だった・・・。

<おすすめ記事>

<関西の謎スポットを多数取材!!「ウラ関西シリーズ」はコチラ>

error:
タイトルとURLをコピーしました