大阪三大商店街とは??それぞれの特徴と見どころを徹底解説します!!

ウラ関西シリーズ

アーケードのあるなしに関わらず、ありとあらゆる場所に「商店街」が立ち並ぶ街、大阪。その中でも、「三大商店街」と呼ばれる商店街があることをご存じでしょうか?

今回は、それらの3つの商店街、通称「大阪三大商店街」についてご紹介しようと思います。大阪の中でも特に賑わう商店街について知りたい方、人でごった返し、活気のある商店街を知りたい方、必見ですよー!!

大阪三大商店街とは?

実は「大阪三大商店街」について、明確な定義は決まっていません。「どこが三大商店街か」という議論は今でも行われており、様々な説が唱えられています。しかしその中でも最も有力なのが、

  • 天神橋筋商店街
  • 千林商店街
  • 駒川商店街

の3つを「大阪三大商店街」とする説です。これは大阪商工会議所「商店街を もっと元気に・おもしろく!!」というwebサイトで定義されているもので、過去に「3大商店街めぐりスタンプラリー」という企画が実際に開催されるなど、比較的現実に即したものとなっています(この他、「戎橋商店街」「心斎橋筋商店街」を「天神橋筋商店街」の代わりとして入れる説もあります)。

そこで当サイトでは、先ほどあげた「天神橋筋商店街」「千林商店街」「駒川商店街」の3つを「大阪三大商店街」と定義することとし、その上でそれぞれの商店街について、特徴や見どころを書いていくことにします。何卒ご了承下さい。

なお、この3つの商店街は全て地下鉄谷町線沿線にあります。北から順に、「千林商店街・・・千林大宮」「天神橋筋商店街・・・天神橋筋六丁目、南森町、(扇町 堺筋線の駅です)」「駒川商店街・・・駒川中野」が最寄りとなっています。

地下鉄1路線だけで巡れるので、ぜひ商店街巡りをやってみてください!!なお、商店街巡りには1日乗車券「エンジョイエコカード」や、学生限定で運賃が20%割引になる「学生フリースタイル」なんかを使うのがオススメです。

また、大阪に関する本として「大阪のトリセツ」という本が出版されます。この記事を書いた当時(10月19日)の時点ではまだ出版されていませんが、ぼくも予約済みの本で、非常に楽しみにしています。気になった方はぜひ。

天神橋筋商店街

天神橋筋商店街は、大阪市北区にある商店街です。天神橋一丁目から七丁目まで続く、南北2.6キロにもわたる非常に長い商店街で、「日本一長い商店街」としても有名です。その長さも手伝ってか、600店舗というものすごい数のお店が軒を連ねています。その長さとお店の多さもあって、HOME’S調査「大阪府民が選ぶ好きな商店街」ランキングで第1位を獲得するなど、人気のある商店街となっています。

天神橋筋商店街の見どころ

天神橋筋商店街の1番の見どころは、何と言ってもその長い商店街を見ることにあるでしょう。南から北までゆっくり一通り見て回るだけでも、余裕で1時間以上はかかります。その大きさと広さ、そして人の多さに圧倒されながらゆっくりと商店街を巡っていくだけで、楽しい気分になれるでしょう。この商店街は大阪天満宮への参詣道へもなっているため、ついでに訪れるのも良いでしょう。

また、「それだけではつまらない!!何かわくわくするものがほしい!!」という方には、天神橋筋六丁目駅前にある「シルク 天六店」を訪れてみることをオススメします。普通の100円ショップではあるのですが、店主さんの熱のこもった張り紙がありとあらゆる場所に貼られており、「大阪やなぁ」となること、間違いなしです!!

<シルク天六店についてはコチラから>

<天神橋筋商店街について、詳しくはコチラ>

千林商店街

千林商店街は、大阪市旭区にある商店街です。もともと「京街道」と呼ばれ、大阪と京都を結ぶ道の途中にあったことで発展した商店街で、ダイエーの1号店があった場所としても有名です(現在は閉店)。周辺の商店街(千林大宮商店街や今市商店街)などと一体となって大きな商店街を形成しており、知名度こそ天神橋筋商店街に劣るものの、かなりの規模を誇る商店街となっています。

千林商店街の見どころ

千林商店街の見どころはたくさんありますが、やはり地元向けの商店街とあって、個人商店の店主さんとの会話を楽しみつつお買い物をしていくのが一番面白いところでしょう。気さくで明るい店主さんも多く、「さすが大阪」と言いたくなるようなちょっと強引なところもありますが(笑)、楽しくショッピングできること間違いなしです。

そしてやはり、「ダイエー1号店」は見ておいて損はないと思います。現在はオーエスドラッグというドラッグストアになっており(もともとダイエーは「大栄薬局」という薬局から始まったため)、当時の面影は残っていませんが、昔はこんな感じだったんだろうなぁ、と思いながら回ってみてみると良いと思います。面白い発見があるかもしれませんよ・・・。

ちなみに、千林にはダイエーが5店舗(!)もあったそうですが、現在は1店もありません。商店街の強さ、そしてダイエーの栄枯盛衰っぷりが分かりますね・・・。

<千林商店街について、詳しくはコチラ>

なお、千林商店街についてはコチラの本も参考になるので、ぜひ読んでみてください。

駒川商店街

駒川商店街は、大阪市東住吉区にある商店街です。地下鉄谷町線の駒川中野駅と近鉄南大阪線の針中野駅とを結ぶようにして商店街が作られており、東西190m、南北540mの中に200軒ほどのお店が並んでいます。他の2つの商店街と異なり、大阪市の中でも南側に位置しているせいか、物価がめちゃくちゃ安い(笑)そのお値段に驚くこと、間違いなしです!!業務スーパーなんかよりよっぽど安いですよ・・・

そのせいか、駒川商店街はとにかく商店街の力が強い。昔はダイエーもイズミヤもあったそうですが、商店街に負けてしまい、みんな撤退してしまったそうです。そして現在残るのはスーパー玉出のみ・・・ 商店街のすごさが分かりますね(笑)

駒川商店街の見どころ

駒川商店街の見どころは、何と言ってもその個人商店の豊富さにあるでしょう。野菜に果物、肉に惣菜、加工食品に至るまで、ありとあらゆる商品が、チェーン店ではない、個人が運営するお店にて売られています。ものによっては驚くほど安い価格で売られているものもあり、見ていて飽きることがありません。ぜひ一度行ってみて、商店街の中を回ってみてください。安さに驚きますよ・・・。

まとめ 大阪三大商店街、三種三様で超面白いです!!

いかがでしたでしょうか。今回は、大阪三大商店街について、それぞれの特徴と見どころについてご紹介しました。「天神橋筋商店街」「千林商店街」「駒川商店街」の3つの商店街から構成される大阪三大商店街は、それぞれ異なった特徴を持っており、比較しながら見てみることで、より面白くなると思います。今度の休日に、ぜひこの3つの商店街を回ってみてはいかがでしょうか。大阪の面白い部分を見れると思いますよ。

なお、遠方からの大阪訪問であれば日本旅行での予約がオススメです。JR西日本と関係が深いこともあり、大阪に関するプランを豊富に取り揃えています。旅行会社経由で予約することで「Go To キャンペーン」が往復の交通費にも適用されるため、とてもお得に旅行することができますよ。詳しくは下の記事からどうぞ。

<今回ご紹介したもの>

error:
タイトルとURLをコピーしました