電車の学割って私鉄でも使えるの??→ある条件を満たせばいけます。

大学生活

安く旅行がしたい!!そういえば「学割」ってやつがあったな。JRなら使ったことあるけど、これって私鉄にも使えるの??

と思ったこと、あるかと思います。今回は、これについてお答えします。

結論から言うと、使えます。ただし、ある条件を満たす必要があります。ということで、今回はこれについて詳しく書いていこうと思います。

私鉄にも学割はあります。ただし一部のみ。

JRで学割を使うときの条件、みなさんはご存じでしょうか。JRのサイトでは、こう書かれています。

JRから指定を受けた中学・高校・大学・専修・各種学校の学生・生徒の方で、ご利用区間の片道の営業キロが101キロ以上ある場合、運賃が2割引になります(往復割引乗車券についても学生割引が適用になります)。

これを見て、なぜ私鉄では学割が使えないのかわかったかと思います。

101km以上の路線を持っている私鉄がほとんどない

のです。学割は「使えない」というよりも「使いようがない」存在になっているのです。

しかし、逆に考えればわかると思いますが、

101km以上の路線がある私鉄なら学割が使えます。

そして、それに該当する会社は

東武鉄道・名古屋鉄道・近畿日本鉄道・南海電鉄・青い森鉄道
の5社になります。
つまり、 

どれくらい安くなるの??

→100km以上乗ると、乗車券のみ20%引き(10円未満は切り上げになります。

乗車券のみです。特急料金や、座席指定料金などは割引にならないので注意しましょう。なお、JRでは10円未満切り捨てですが、私鉄では切り上げになるのでそこも注意。

そして、100km以内の乗車の場合、一切割引がありません。100kmにギリギリ届かないときは、目的地よりも少し先の駅まで買うのも手です。

どうやって買うの??

まずは、自分の通っている学校で「学校学生生徒旅客運賃割引証」という名前の紙をもらいます。ずいぶんと長い名前ですが、「学割証」で通じます

学割証

そして、これに必要事項を書き、窓口に行けば買えます。

カンタンでしょ(*^▽^*)

なお、決済方法に関してですが、JRに関してはクレジットカードが使えます。私鉄に関しては、多くが現金のみの対応となっています。予めご注意下さい。

ちなみにクレジットカードに関してですが、ぼくは「楽天カード」と「リクルートカード」の2枚持ちをおすすめしています。使い勝手の良い楽天カード+高還元率のリクルートカード、個人的に最強の組み合わせです!!詳しくはコチラの記事からどうぞ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今日は「私鉄でも学割は使えるのか??」という問題について書きました。

学割は学生の特権です!!うまく使って賢く暮らしていきましょう!!

それでは。今日も良い一日になりますように。

<今回ご紹介した記事>

error:
タイトルとURLをコピーしました