文句を言うなら自分でやれ。syamuさんの「ほならね理論」は実際正しい。

ガチで語る

これは、とある有名YouTuberが、あるアンチコメントに対して放ったセリフである。

ほんでーまあ…『のびハザ怖くない』の最終パートでね、ちょっとコメントがあったんですけども、
「サムネがつまらない」というコメントがありました。
いやーほならね自分が作ってみろって話でしょ?そう私はそう言いたいですけどね。こっちは、こっちはみんなを楽しませるために動画のサムネを…作っているわけでして、 やっぱり、前はちょっとサムネシンプルだったのですが、 いや…ちょっとサムネやっぱ凝ったサムネがいいかなーと思って まあサムネ作り始めたわけですけども。
そんな、「サムネつまんない」とか言われたら、じゃあお前が作れって話でしょ、だと思いますけどね?ええ。
結構ー…サムネ作るのは大変だと思いますよ。サムネの構図、から考えなあかんし。
「つまんない」と言うんだったら自分が作ってみろ!っていう話でしょ?私はそう言いたい。

これは、syamuという超有名なYouTuberが放ったセリフで、「ほならね理論」と一般に呼ばれている。今回は、この「ほならね理論」に関して考えていこうと思う。

ほならね理論では、結局何が言いたいのか。

この「ほならね理論」で、syamuさんは何を言いたかったのだろうか。それは、

文句を言うなら、自分でやれ

ということだ。この考えには、賛否両論があると思う。しかし、ぼくとしては最強の考え方だと感じている。文脈を見ればわかると思うが、確かにこのセリフはある意味逆ギレであることは事実だ。しかし、実際問題、このセリフを仮に論破したところで、何も残らないのだ。恐ろしいかもしれないが、このセリフにはものすごい可能性が含まれているのである。

映画「君の名は」「天気の子」で有名な新海誠氏は、「ありがちなモチーフの組み合わせだけで、そりゃヒットするよ」「こんなキャッチーなモチーフだけだったら100億超える映画になるよ」という評論家たちの声に、「それはその通りかも知れないと思うと同時に、そんなに容易なことならば皆さんやってみればいいんじゃないかなとも思います」というコメントを残している。syamuさんと新海誠氏のセリフを見てみればわかると思うが、実は、この考え方は「ほならね理論」と全く同じなのだ。

要するに、「ほならね理論」は文句に対する返し方として有効に機能する、素晴らしい存在だといえるのである。

文句ばかり言っても変わらない。

SNSを見ていると、他人の揚げ足をとったり全く論理的なじゃない批判をする人間、いわゆる「クソリプ」を送る人間をよく見る。しかし、これは明らかに時間のムダだ。見たくないならミュートにするなりブロックするなりすれば良いのに、なぜわざわざ労力を使って文句を言うのか、本当によくわからない。

はっきり言わせてもらうが、文句ばかり言っても何も変わらない。

キミが今しなければいけないことは、文句を言うことではない。自分を変えていく、変える努力をすることなんだ。「ほならね、自分でやってみろ」と言われて、自分で実際にできるようになるまで己を高めていく、これこそ、キミが本当にやらなければいけないことなんだ。

キミが本当に労力を使うべきなのは、他人に対してではない。自分自身に対してなんだ。

自分を磨き続けて、強い人間へと変わっていかなきゃいけないんだ。強い人間になれば、他人から文句を言われることもあるだろう。でも、それでいい。むしろそれは、喜ばしいことなんだ。はっきり言って、文句を言う人間はキミよりもずっとレベルの低い人間なんだ。だから、気にしなくて良いし、むしろ「他人に嫉妬される人間になったんだ…やったー!!!」くらいのノリで接して良いんだ。

愚痴をこぼす人も同じ。

愚痴に関しても全く一緒だ。愚痴をこぼしたところで状況が変わるわけではない。そして、何も効果がないことに時間を割くのは無駄でしかない。

「愚痴」は何を意味するのか。様々な意見があると思うが、ぼくとしては、愚痴は「責任逃れ」だと考えている。愚痴をこぼすことで自分を軽くしたい、そう思っているのだろう。ぼくもかつてはそうだった。愚痴を言うことはストレスの発散につながっていたし、自分を楽にする存在だった。

しかし、あるときぼくは気づいた。愚痴をこぼしても何も変わらない、と。愚痴をこぼしたら何か変わるのか。国が100万円くれるのか。状況が劇的に変わる、天才的なアイデアを神がご教示してくれるのか。そんなことはないだろう。

誰かにアドバイスを求めることは良いことだ。それは否定しない。むしろそれは良いことだと思う。ただ、アドバイスを受ける際に注意しておかなければならないことがある。それは、受けたアドバイスが100%正しいとは限らないという点だ。どんな優秀な人間であっても、人間である以上、間違えることはある。だからこそ、アドバイスを盲信してはいけない。重要なのは、様々なアドバイスを聞いたうえで、それを比較し、自分で判断することなんだ。自分の人生は自分でつくるものなんだ。他人のせいにするのはとても楽なんだ。責任をとらないという選択ほど楽なものはない。精神的に楽なのは紛れもない事実だ。でも、それじゃ何も変わらないし、変えられない。今が嫌なら、今いる状況から離れて、新しいことをやるしかないんだ。「現状維持」は楽だ。でも、ぬるま湯に浸っているだけじゃダメなんだ。本当に強くなりたいなら、もっともっと険しい環境に移動したほうが絶対に良いんだ。

まとめ 自分の人生は自分でつくるもの。

かなり話がそれてしまった。元に戻そう。まず、syamuさんの「ほならね理論」に関して。賛否両論あるこの理論だが、この理論は日本社会の抱えている、本質的な点を突いている。「他人に愚痴るくらいなら自分でやれ」、この考え方は大いに参考にすべきだ。愚痴ったり文句を言う暇があるなら、現状を打開するために努力するべきだ。

そして最後に。辛いときに忍び寄ってくる、知らない人がキミの周りにはいると思う。でも、彼らを信頼してはいけない。彼らがやりたいのは、弱みにつけ込んで搾取することだ。信頼できる人以外、基本的には疑ってかかるべきだ。

それでは。今日も良い一日になりますように。

error:
タイトルとURLをコピーしました