TOEFL初受験で80点!! 最速で最大の効果を出す勉強法とは。【完全保存版】

英語

先月、TOEFLを初めて受験してきました。

結果として、目標の90点には届きませんでしたが80点を取ることができました。

「80点」という点数が客観的に見て低いのか高いのかは別として、80点という点数は一般的に「大学留学に必要な最低限の点数」と言われているため、とりあえずホッとしています(ただ、学内選考で不利なのでもう1度受験する予定です)。

ということで今回は、「TOEFL80点を取るために取った勉強法」についてまとめてみようと思います。「たった80点で」と思われる方も多くいるかと思いますが、これから受験される方の参考になれば幸いです。

まずは、ぼくの受験時のステータスを書いておきます。

普通の文系大学生
帰国子女(ただし英語圏ではない、日本人学校に通い日本語で教育を受ける)
留学経験 なし
所得資格 英検準2級(中学生のときに取った) TOEIC 765/990(大学入学時)
英語自体は好き
大学1年前期の英語の成績 可と不可(再履修しました(笑))

こんな感じです。TOEIC765点が目立ちますが、「大学1年前期の英語の成績 可と不可」ということが示す通り、英語は好きではありましたが、得意かと言われるとそんなことはない、そんな感じでした。(TOEICはただのマグレですね(笑))

今回お伝えしたいのは、「必要最低限の準備で最大の効果を生むには、どうすれば良いのか」。

今回TOEFLを受験するにあたって、ぼくが準備したのはわずか1か月。しかも、本腰を入れて勉強したのは10日ほどです。

ここでは、「できるだけ時間をかけずに効果を出すには、どうすれば良いのか」という観点から勉強法をお伝えしていきます。

参考書

TOEICであれば、無料でカンタンに学習できるアプリがアホほど出回っているのですが、TOEFLではそうもいきません。そこで、参考書を買うことが不可欠になるのですが、実は対策本もあまり種類がなく、「一人ひとりにあった本」というのはないのが実情です。ぼくも試しに書店(4階建ての大きいお店です)に行ったのですが、TOEICの参考書は死ぬほど出回っていても、TOEFLの参考書は片隅にちょこーんとあるだけ。あまり期待はしないべきです・・・。

その中で、どんな参考書を使っていくべきか。ぼくは、以下の4冊を使って勉強しました。

TOEFLテスト英単語3800

TOEFL受験者で、この本を知らないという人はまずいないと思います。TOEFLに対応した単語帳そのものがあまりない(笑)というのもあるのですが、TOEFL単語帳といえばこれ一択でしょう。実際、試験会場でも多くの人が使っていました。少々値は張りますが、レベル別・目標とする点数別に対応した単語が載っているため、とりあえず買っておけば間違いないと思います。なお、単語帳の選び方についてはこちらの記事もどうぞ。

なお、実際の本番では「見たことない単語」が当たり前のように出てきます。こんなときは、「推測で理解する」ことが必要になってきます。難しい単語を推測する方法についてはこちらの記事もどうぞ。

はじめてのTOEFL iBTテスト総合対策

TOEFLはコンピュータで行う試験です。日本で一般的な「紙媒体」で行われる試験とは形式が大きく異なっています。そんな特殊な試験に、どう対応していけば良いのか。この本は「はじめての~」と名乗ってはいますが、どちらかというと「本番での立ち回り方」に重点が置かれており、問題演習というよりも(もちろん問題演習もあります)、実際の試験にどう対応していくかという「動き方」を学習することができます。初受験なら手に入れておくべきでしょう。あるとないとでは大きく変わります。
問題演習目的なら買わないで大丈夫です。問題量が少なすぎる・・・。

スコア80突破ゼミ TOEFL iBTテスト

あまり有名ではないのですが、個人的に一番オススメです。
問題の解法に重点を置いた本となっているのですが、その方法が使いやすすぎる。一部、「うん??」となるのもあるにはあるのですが、8割の問題はこれで対応できると言っても過言ではありません。これで不足する分は、先ほどあげた「はじめてのTOEFL iBTテスト 総合対策」で十分にまかなえます。
ただ、こいつもやはり問題の量が少ない・・・。全体的な弱点として、「総合対策」と名売ってる日本語の本は問題量が少ない傾向がありますので、十分注意してください。

The official guide to the TOEFL test

TOEFLも所詮試験です。受験や大学の試験同様、過去問や予想問題をやりこんで形式に慣れることで点数は大きく変わります。「The official guide to the TOEFL test」はTOEFLを主催するETS公式の問題集で、実際の問題はどのような形で出るのか、ということを徹底的に研究することができ、オススメです。
そして、この本にはもう1つメリットがあります。それは、パソコン上でできるということ。いくら本で学習したところで、実際の試験はパソコン上で行われます。要するに、形式が違うのです。しかし、これを手に入れておけば心配ご無用。実際と同じ形でテストを受けることができ、「本番ではどうやって動くべきなのか」というイメージをつけることができます!!
知識だけでは時間内に解き終えることができません。過去問や予想問題を徹底的にやりこんで本番をイメージしましょう。
ただし、この本には2つ問題点があります。
まず、解説が英語であるということ。日本語の解説がついているETS公式の本もあるにはあるんですが、値段は同じくせに問題量が減るというデメリットがあり、どちらを買うべきは微妙なところです。ただ、ぼくは「英語を身に着ける」という観点から英語のものを選びました。日本語版はこちらからどうぞ。

そして、もう1つの問題点。それは、めちゃくちゃ重いということ。大きさ・重さはだいたい赤本2冊分。これを言えば、どれくらいの大きさか分かるでしょう。パソコンにインストールすればそこから問題を解くこともできるのですが、なぜかパソコン版にはない問題が紙媒体にあったりするので非常に面倒です。
ただ、これを手に入れないことには始まらないでしょう。いろいろ問題点はあれど、主催者の考えを聞けるという点で必携の1冊です。

アマゾンで注文したらデカい箱で届いてめちゃくちゃビビったぜ・・・

無料サービス

一応、無料で使える「TOEFL対策アプリ」「TOEFL対策サイト」もあるにはあります。ただ、あまり信頼はしないほうが良いです。一応、ぼくが使っていたものをご紹介します。といっても、1つだけですが・・・

TOEFL practice test

Google Playで「TOEFL」と検索すると最初に出てくるアプリです。リスニング問題を学習することができ、いつでもどこでもリスニングを学習できるので、その点では非常に便利なアプリです。

ただ、そのリスニングのクオリティが低い。というより、長すぎる。通常、TOEFLのリスニングに出てくる問題は「Conversation(会話)」で2~3分、「Lecture(講義)」で4~6分ほどなのですが、このアプリに出てくる会話は4分以上のものばかり。講義に至っては8分などというものまでありました。昔の問題をどこかから流用しているのでしょうが、あまりに本番の問題とかけ離れすぎています。「便利ではあるんだけど、ちょっとな・・・」というのが正直な感想です・・・。

また、無料で公式本の問題を学習できる中華系のサイトというのもあるそうですが、著作権に引っかかりそうなので今回はその存在を知らせるだけに留めておきます。詳しく知りたい方は、「TOEFL 過去問 無料」とでも検索してみてください。もちろんですが、ご利用は自己責任でお願いします。

1か月の使い方

ここからは、TOEFL当日までの1か月間、ぼくがどう行動したかについて書いていこうと思います。かなり極端な方法なので、あまり役に立たないかもしれませんがご了承ください。

最初の2週間は単語だけ

最初の2週間、ぼくがやったのは単語だけ。正確には、一度問題を解いてから単語をやったのですが、そこに関しては省略します。正直、TOEFLで要求される単語はかなり高いです。TOEICなんか比べ物になりません。いきなり問題演習をしても、意味が分からなければ問題は解けません。辛いかもしれませんが、まずは単語をひたすら学習するべきです。ちなみに、「TOEFLテスト英単語3800」ではレベル1~レベル4までありますが、ぼくはレベル3までやりました。「80点であればレベル2までで良い」と本には書いてありますが、レベル2では足りないです。最近のTOEFLは単語レベルが上がっています。それを考えても、レベル3までやっておくと良いでしょう。

次の1週間で問題を知る

一通り英単語帳で学習を続けたら、その英単語帳をやり続けつつ実際の問題に入ります。「はじめてのTOEFL iBT総合対策」と「スコア80突破ゼミ」を併用しつつ、実際の問題がどういう形式で出題されるのか、ということについて学習しました。ただ、前者と後者の本では構成が異なっている(前者はR⇒L⇒S⇒Wの順番ですが、後者ではW⇒S⇒R⇒Lの順番)ため、どちらかの本に順番を合わせる必要があります。ぼくは前者の本の順番に合わせましたが、これはどちらでも良いと思います。「どの分野がニガテなのか」ということを軸に考えて学習を進めると良いかと。

最後の1週間はひたすら問題演習

最後の1週間はひたすら問題を解いて、本番に備えました。先に言っておきますが、ここまで勉強を続けていても、分からない問題は出てきます。というより、いくらでも出てきます。しかし、満点を目指しているのならば別ですが、そうでないのならば気にする必要はありません。そもそも、120点満点中の80点です。3分の2です。ある程度分からなくても気にしなくて良いんです。それくらいのノリでやってました。分からない問題が出てきたら、復習して理解する。それで全く問題ありません。問題をやればやるほど不安になると思います。しかし、それは勉強している証拠です。気にせず勉強を続けましょう。
[ad]

本番の戦略

ここからは、実際にぼくが使った戦略についてご紹介します。

TOEFLは120点満点で、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングが各30点で構成されています。

そして、ここからが大切なのですが、TOEFLでは、各セクションごとに点数の取りやすさが変わってきます。

これに関しては、TOEFLを主催するETS公式のデータブックにも書かれています。ここには、「何点取ると、上位何%に入るのか」というデータが示されています。それがこちら。

たとえば、リーディングの30点のところには「95」という点数が書いています。これは、95%の受験者よりも高い点数だということを示しており、つまり上位5%だということを意味しています。これを踏まえて考えてみましょう。

たとえば、80点を取るとします。その場合、一番右の表「Percentile Rank 39」から、80点を取るには上位61%に入る必要があります。

では、各セクションで20点ずつ取れば良いのかというと、そう単純ではありません。

「Scale Score」の20を見てみて下さい。リーディングでは39、リスニングでは41、スピーキングには42、ライティングには33という数字が書いてあります。つまり、最大9%の差があるのです。上位67%であれば20点が獲得できるライティングに対し、上位58%でなければ20点を取れないスピーキング。どちらが高得点を取りやすいのか。その差は明白です。

実際に受験した方のまとめや、「80点を取るときの各セクションごとの点数配分」といった記事をいくつか見てみましたが、やはりスピーキングの目標点数、実際の点数は18点前後が最も多く、逆にライティングは22点前後が多かったです(日本人全体の傾向として、スピーキングが苦手だということもありましたが)。

そこでぼくは本番、比較的点数の取りやすいリーディングとライティングを1000%の力で行い、リスニングとスピーキングは100%の力で受けることにしました。というのも、TOEFLの試験はなんと3時間半。間に10分間の休憩があるとはいえ、この長さの試験を受けたことがこれまでに一度もなく、ずっと1000%の力を出すのは無理だと判断したからです。

その結果、リーディングは21点、ライティングは23点を取ることができた一方、リスニング・スピーキングは18点という結果に終わりました。

ただ、とりあえず今回の受験で一つの基準をクリアできたため、それには満足しています。次回は長時間の受験に耐えうる気力をうくり、90点オーバーを目指せるように頑張っていこうと思います。

皆さんもうまく時間を使い、目標を達成できるようがんばりましょう!!

<参考記事>

error:
タイトルとURLをコピーしました