「トク得!ひかり・こだま」を実際に使って移動してみました【2020年8月 北九州Part1】

2020年8月 北九州

まいど。らっちです。

先日、このような記事を投稿しました。

今回は、これらの記事の中で紹介した、「トク得!ひかり・こだま」を実際に利用してみた感想について書いていこうと思う。

旅の出発は、JR三ノ宮駅。正確には、ここまで在来線で移動してきたのだが、そこまで書いてしまうと家がバレるので、出発は三ノ宮駅だということにしておく。ただ、神戸市内なのは確かだ(笑)

サムネでも書いたが、今回使うのはこのきっぷ。新神戸(神戸市内)⇒小倉(北九州市内)というきっぷだ。山陽新幹線の割引きっぷは、「ぷらっとこだま」なんかと異なり、新幹線の駅と同じ市の中にある在来線も利用することもできるのも一つのメリットだ。なお、このチケットの値段は6,100円。普通に買うと14,270円するので、なんと58%引きである。恐ろしい割引率だ。これについて詳しく知りたい方は、コチラからどうぞ。

ちなみに、三ノ宮駅から新神戸駅までは地下鉄を使えば1駅、たった2分で行けるのだが、実はこの区間は歩いても行ける。ルートも、県道30号線(原田線)をまっすぐのぼっていくだけ、という単純なものなので、時間に余裕のある方、ぼくのようにお金をケチりたい方はぜひ一度使ってみてはいかがだろうか。ただ、上り坂になるためやや大変なところもあるので要注意。スーツケースなんかを持っているとかなり苦しいだろう。状況と天気に応じた選択をしてほしい。

(http://successgrin.blog130.fc2.com/blog-entry-70.html より抜粋)

ちなみに、新神戸駅周辺には「無料の」市営駐輪場があり、バイクや自転車を止めることができる。ぼくもたまに使うのだが、スペースも広く、いつ行っても空きがあるので、非常に重宝している。何日使っても無料なので、新幹線で往復する、という新神戸駅周辺在住者はぜひご利用を検討してみてほしい。

今回乗車するのは「ひかり531号」。個人的に、格安チケットを利用するならこの列車が一番得だと思っている列車だ。というのも、この列車は新大阪から博多まで1回も抜かれない。要するに、通過待ちがないのだ。そして、速い。新大阪から博多までの停車駅は「姫路、岡山、福山、広島、新下関、小倉」の6駅のみ。これは、定期運転の「のぞみ」に+2駅ほどしか加えておらず、その分高速で運転してくれるのだ。さらにさらに、この列車が運転される時間帯も理想的だといえる。新大阪を7時35分に出発し、小倉には9時54分、博多には10時11分という到着である。これは、多くの観光スポットが10時にオープンするということを考えると、びっくりするほどキレイな時間設定だといえるのではないのだろうか。まさに、「京阪神地区から福岡観光に行くのにうってつけの列車」だといえる。ぜひ一度、この列車を利用してみてほしい。感動します!!

なお、写真で見てもらえればわかると思うが、このひかり号は16両編成である。つまり、指定席は3+2のクソ狭いシートに押し込まれることになるのだ。しかし、安心してほしい。「トク得!ひかり・こだま」利用なら、500円追加するだけでグリーン車に乗れるからだ。ぼくはケチって普通車にしたが、500円でグリーン車に乗れるのなら、その選択をするのもアリだと思う。詳しくはコチラから。

約2時間ほどで小倉駅に到着。いよいよ旅の始まりです。ワクワクしてきたぜ!!

<次の記事>

<今日紹介した記事>

error:
タイトルとURLをコピーしました