梅田イーマ 閉店の続く「再開発に潰されたビル」。

ウラ関西シリーズ

先日、大阪の中心地「難波」及び「天王寺」に「やばい商業施設」があることをお届けした。

難波(正確には道頓堀だが)のほうにある「道頓堀ゼロゲート」は「インバウンドに頼りすぎた結果、誰も来なくなってしまったビル」、天王寺にある「あべのベルタ」は「隣のショッピングモールに全て持っていかれてしまった商業施設」という形でご紹介させていただいた。

そして今回ご紹介する商業施設は、「梅田イーマ」なる施設である。

関西に住む人はもうご存じかと思うが、梅田は大阪で一番、いや西日本で最も栄えている繁華街といっても過言ではない。阪急百貨店、阪神百貨店、グランフロント大阪、ヨドバシ梅田などといった大型商業施設がいくつも立ち並び、またJRや阪急、阪神、地下鉄が3路線乗り入れる交通の要衝でもある。そしてこの先、うめきた2期の開発や、通称「北梅田駅」と呼ばれる、地下鉄なにわ筋線の乗り入れも予定されており、今後ますます繁栄していくだろう、期待のエリアでもある。

こんな一等地エリアに、まさか瀕死状態の商業施設があるとは、とても思わないし、思えないだろう。実際ぼくも訪問するまではそう思っていた。しかし、

想像以上に悲惨だった。

ということで今回は、「梅田イーマ」の現状についてお届けしていこうと思う。

梅田イーマ・衰退の歴史

梅田イーマへのアクセスは、決して悪くない。JR大阪駅から約5~6分、阪神大阪梅田駅からであれば約3~4分。地下街からアクセスすることができ、いわゆる「ダイヤモンド地区」と呼ばれるエリアの中にある。少々分かりにくいところにあるものの、決して人通りの少ないところにあるというわけではない。

赤い丸で囲ったところが「梅田イーマ」

そして面白いことに、この施設の開業は意外と新しい。2002年4月開業と、決して「オンボロ施設」とは言えない建物だ。しかし、この開業時期が悪かった。この開業時期が、今のような惨状を引き起こしたのだ。

この施設は、当時注目を集めていた「セレクトショップ御三家」や映画館、その他個性的なファッションブランド店や有名スイーツ店などが出店したこともあって、当初は大きな話題を集めた。

セレクトショップ御三家についてはコチラの記事もどうぞ↓

しかし、それも長くは続かなかった。

梅田の再開発が、2000年代後半から一気に進んだからだ。

まず2008年、西梅田に「ブリーゼブリーゼ」なる商業施設が開業。セレクトショップ御三家の一角であった「ユナイテッドアローズ」が移転してしまう。

その後、2011年、JR大阪駅に隣接して「ルクア大阪」が開業。複数のテナントがより良い立地を求めて移転してしまった。

決め手となったのが、2013年。「グランフロント大阪」が開業したことだ。

この結果、梅田イーマを売上と集客の双方から重ねてきた主要ブランドが次々に移転。その結果、売上はピーク時の1/3にまで減少してしまった。

しかし、梅田イーマも手をこまねいてはいなかった。

2015年4月、梅田イーマは開業以来初の大規模リニューアルを実施した。

25もの店舗が新しく出店し、これまでの枠にとらわれない、様々な店舗が出店することになった。

しかし、梅田の大規模開発はこれで終わらなかった。

同じ2015年4月、もともとJR大阪三越伊勢丹が入居していたビルが「ルクア イーレ」としてリニューアルオープン。さらに2019年には、ヨドバシ梅田と隣接する地に「リンクス梅田」が開業。流れは、完全に梅田の北側へと向いていた。

この結果、リニューアルを敢行した「梅田イーマ」であったが、結局複数のテナントが撤退、今の悲惨な状況に至ってしまった・・・。

梅田イーマの悲惨な今。

では、梅田イーマの現状を見ていくことにする。

先ほども書いたが、「梅田イーマ」へのアクセスは悪くない(めちゃくちゃ良いわけでもないのだが)。

梅田イーマは、梅田の地下街から直接アクセスできる。いわゆる「ディアモール大阪」と呼ばれるエリアから直接入ることができ、これは大きなメリットだ。しかし、地下街の人通りの割に出入りする人があまりにないのが気になるが・・・。

「イーマ営業中」

という、いかにもヤバい雰囲気を漂う看板が置いてある。そして、その下には店舗リストがある・・・のだが・・・

B1,4F,5F,7F

の4つしか書かれていない。梅田イーマはB2Fから13Fの15フロアがあり、うち7~13Fの6フロアは全て映画館で占められているため、実質的なフロアは8フロア+映画館となっているのだが、実際に営業しているのは3フロア+映画館のみ。ということは残り5フロアは・・・

さて、そんなことは気にせず、中に入っていくことにしよう。

いやいや、いきなりコレかよ。

地下街と繋がっているフロアはB2Fにあたるのだが、先ほどの「イーマ営業中」と書かれた看板の下に、B2Fのお店は一切書かれていなかった。ということは・・・

予想通り!!営業しているお店、なし!!

うーん、何というこの悲惨さ。地下街直結のB2Fでこれかいな・・・地下街そのものは人通りも多く、お店もたくさん営業しててにぎわっているのに、一本入ったらこれ・・・何がこうさせているのだろうか、よくわからない。

フロアガイドがあったので、とりあえず見てみる。うーん、予想通り。恐ろしいほどに目立つ「Coming Soon!」という文字が、この悲しい現状をよく物語っている。ちなみに6Fには歯医者が入るようだが、ここも昔はレストラン街だったらしい。レストラン街からの歯医者ってなんやねん。壁から良い匂いしそうやん(笑)

一つ上にあがり、地下1階に来た。この階はお店も少数ながら営業していて、セレクトショップやカフェなどがあった。

それにしても、実にゆっくりとした時間が流れる空間である。まさか、梅田にこんなゆっくりできる空間があるとは思わなかった。ちなみに、ぼくが梅田イーマを訪問したのは休日の3時ごろ。商業施設が最も混み合う時間だと言っても過言ではない。それでもこの空き具合。快適ではあるんだけど、なんだかなぁ。

それにしても、ここのお店で扱っているもの、意識高すぎでしょ。

もともとそういう場所であることは百も承知ではあるんだけど、ルクアやグランフロント大阪なんかと比べても明らかに状況が違う。もともとセレクトショップが集まっていた名残なんだろうなぁ。お客さんは全然いないけど。だいたい、大阪に「意識高い」を求めるのがぼくは間違いだと思うけどね。意識高いのは神戸であって、大阪ではない。そのことを改めて認識させられた。

さて、3Fに上がってきた。3Fはもともと「アウトドアエリア」として開発されたようで、元々はアウトドアショップが多く入っていたようだ。とはいっても、今は全て閉店しているのだが・・・ お店が1つもやっていないせいで、エスカレーター前にあるシャッターが閉じられ、中に入れないようになっていた。そちらのほうが都合が良いのは分かるのだが、ちょっと寂しいね・・・

続いては4F。4階からは、1階までの吹き抜けを見下ろすことができる。とはいっても、何か特別なものがあるわけではない。あるのはただ、閉店したお店だけだ。廃墟、廃墟、廃墟・・・ とても西日本最大の繁華街、しかも駅から5分のところにあるとは思えない光景だ。言っておくが、これは建設中の光景ではない。れっきとした、「ちゃんと営業している」商業施設の姿だ。何がこうさせたのか、原因は分かっているとはいえ、やはり不思議である。

大したものはないということは分かっていたが、レストラン街にも来てみた。もともと5Fと6Fの2フロアあったレストラン街は、現在では5Fのみに縮小、それも6店舗あったものを4店舗まで減らして営業している。近くに阪神百貨店の「スナックパーク」や大阪駅前ビル(居酒屋を中心とした飲食店がそろう)があるのが大きいのだろう。逆に、つい最近まで2フロア分のお店があったことが不思議なくらいだ。レストランに関しては、梅田イーマの中では健闘しているといえるだろう。その割には・・・という感じはもちろん否めないのだが。

ちなみに、7Fには映画館があるのだが、こちらは普通なのでノーコメント。お客さんが少ない気がしたが、もともとそうなのか、それとも新型コロナウイルスの影響なのか、正直よくわからなかった(´・ω・`)

まとめ 今後が気になる物件ではある

大阪・梅田。この一等地に位置するビルが、こんな状況になっているとは思いもしなかった。正直、今のままでは全てのテナントが無くなるのも時間の問題だと思う。正直、見通しは明るいとは言えない。

しかし、そんな中でも光明が見えないわけではない。実は、この「梅田イーマ」、2019年にアメリカの企業によって買収されているのだ。

【売買】梅田の大型店舗ビルを取得、アンジェロ・ゴードン

【売買】梅田の大型店舗ビルを取得、アンジェロ・ゴードン
米アンジェロ・ゴードンが、JR大阪駅前の大型店舗ビル、E-ma(イーマ)の大半を取得したことがわかった。

この買収が、梅田イーマをどう変えていくのか。不安とともに、少し楽しみすら感じてしまう。

2025年に行われる、大阪万博。それに向けて、この商業施設はどうなっていくのか。これからも、その動向に注目していこうと思う。

<今回ご紹介した記事>

error:
タイトルとURLをコピーしました