なぜ夢がないのか。夢がない人にささげる、「本当の」夢の持ち方。

大学生活

君たちは、夢を持っているか。

「最近の若者は、夢を持っていない」、最近のおじさん・おばさん世代が口癖のように言うセリフだ。

そしてぼくは、今それを切実に感じてきている。

友人に「君の夢はなんだい?将来何をやりたいんだい?」と聞いても、帰ってくる返事は

「普通に暮らせればそれで良い」「別にやりたいことなんかない」「今は大学を楽しむだけ。その後はそのとき考える」

という、なんだかよくわからない答えが返ってくるばかりだ。

しかし、それはもったいない。

ということで今回は、夢を持つことの大切さを考えていこうと思う。

なぜ夢を持てないのか。

 なぜ夢を持てないのか。それは単純だ。

やりたいことが何なのか、わかっていないからだ。

ではなぜ、やりたいことが見つからないのか。それは、自分軸がないからだ。

「これからはこうしよう。こうやって生きよう。」

というがないから、ダメになってしまうのだ。

では、とは一体何なのだろうか。「軸」なんて言われてもわからないよ、って思った方も多くいると思う。

では、自分軸はどこから作られるのだろうか。これは様々なところから作られるのだが、主には

自分の特徴から作られる。

と言われても、「自分の特徴なんてわからないよ」と思う人がいるかもしれない。

では、そんな人はどうすれば良いのだろうか。

自己分析をするのだ。

自己分析をして、自分の特徴が何なのか、把握するのだ。

では、その自己分析をするにはどうすれば良いのだろうか。これについてすぐに触れても良いのだが、その前にまずはみんなにとって身近な「お金」の話をしようと思う。

銭不足で死ぬことは今の日本では難しい。

話がそれるが、きみたちにとって現実的な「お金」の話をしようと思う。

「金がない」

このような人を、周りでよく見かける。ぼくも同じことをよく言ってしまうのだが、果たしてその「金がない」は、その金がないと死んでしまうほどお金がないのだろうか。いや、決してそんなことはないはずだ。

今の日本で、「本当に金がなくて死ぬ状態」になることほど難しいこともまずないのだ。

きみたちは、たとえ今のような、ウイルスが蔓延している時期であっても、やろうと思えばアルバイトでお金を稼ぐことができるし、それもダメなら生活保護を受けて、最低限暮らせるお金が得られるのだ。

大コケしても死にはしない。

それが今の日本なんだ。だからこそ、夢を持とう。死なないと分かってるんだから、自分のやりたいことを追いかけよう。

夢を持つにはどうすれば良いのか。

先ほど、「夢を持てないのは自分の特徴が何なのかわからないからだ。そして、それを理解するには、自己分析が重要だ。」と言った。

個人的には、キャリアバイトの「性格価値観診断」がオススメだ。自分の特徴を理解できるだけでなく、何が向いているのか、そして何が向いていないのか、ものすごい量の文章とともに詳細に分析してくれる。

ぼくの分析結果。様々な側面から詳細に分析してくれる。


詳細分析。ものすごい量の文章で特徴を事細かに伝えてくれる。

これを診断するには会員登録が必要だが、LINEで登録できるのでカンタン。しかも無料。夢が見つからない人は、まず一度診断しておくのがオススメだ。

キャリアバイトで性格と価値観を把握しよう。
キャリアバイトで価値観診断!

そして、自己分析が終わったら、今度はその自己分析で出た強みをどんどん磨いていくんだ。「弱点克服」後回ししたほうが良い。なぜなら、君は強みを見られるからだ。弱みがないことは君のアピールポイントにはならない。

「とりあえずなんでもできます!!」

より、

「〇〇なら誰にも負けません!!!」

の方が人としてカッコ良いし、強く思われるでしょ。

結局は人それぞれだけど・・・

いや、もちろん、「夢のないまま生きる」、それはそれで良いと思う。

人がどう生きようと、ぼくに止める権利などない。

We are free.

でも、夢を持って生きている人の邪魔をする、これだけは絶対やっちゃいけない。

君がどう生きても良いのと同様に、夢を持って生きている人もまた、自由に生きて良いのだから。

それではまとめに入る。

まず、夢を持って生きることは最高に素晴らしい。これは強調しておきたい。

そして、今の日本では「金がない」という理由で死ぬのが難しい時代だし、夢を持つこともそんなに難しくない時代だ。

最後に強調しておきたいことがある。

夢に向かって努力してる人間を、絶対に邪魔するな。

それでは。今日も良い一日になりますように。

<おすすめ記事>

error:
タイトルとURLをコピーしました