女子大学生が着るだろうファッションブランドを男子大学生が勝手にイチャモンつける【ネタ】

ネタ
警告:この記事は、レディスの洋服知識を一切知らない、一男子大学生が独断と偏見で書いている記事です。一種の「ネタ」としてご覧いただければ、と思います。参考にするかどうかはおまかせしますが、同性の友人などに聞く方が賢明だと思います・・・。
メンズに関しては、気合入れて書いてます!!ぜひぜひ見てくれ~!!

まいど。突然ですがみなさん、オシャレしてますか??

外に出ることの少なくなった今、「オシャレ」ということを意識することも少なくなってきているかと思います。しかし、ご存じの通り、大学生になると「私服」で学校に通わなければいけません。「服装」は印象に大きな影響を与えるため、

オシャレ=評価UP

につながります!!

しかし、「オシャレ」になることって意外と難しいですよね。

とりあえず悪い印象を与えたくない!!

大学生になったはいいけど、

どんな服を着ていいかわからない!!

今回の記事は、そう思っている人のために書きました。高校生よりも大人に、でも社会人よりも若く、オシャレに着こなすためのレディスファッションブランドを、この記事を通じて知っておいてもらえたらと思います!!個人的な感想を述べた後,そのブランドのオススメ度を5段階評価で書いていきます。前置きが長くなってしまいましたが、どうぞご覧ください!!

注意)ノークレームでお願いします

先ほども書きましたが、今回の記事は「レディスファッションを全然知らない男子大学生が、独断と偏見がたっぷり入った状態で書いています。そのため、あくまで「ネタ」という位置づけでご覧いただければと思います。クレームは一切受け付けません。予めご了承下さい。

UNIQLO(ユニクロ)

みなさんご存じ、ユニクロ。ファストァッションの代表格で、「安くて品質が良いのは当たり前」をモットーに、常にヒットを生み出し続けている。

そこそこ良い服がそろっていると思う。ただユニクロの服を着ている人は多くいるため、よくカブる。笑 レディースファッションは服の種類がとても多いこともあり、「服が被ること」を極端に嫌う人が多くいるが、そのような人には向いていないだろう。ただ品質は良いので、うまく着こなせば安く快適に過ごせるだろう。

おすすめ度:☆☆☆(星3つ)

GU(ジーユー)

UNIQLOの低価格帯ブランドで、ユニクロより安いのが特長。

安いこともあってか、いつ行っても大学生が店内をうろつき回ってる印象がある。正直あんまり好きじゃない。あと、ここのワンピースをよく着ている人によく遭遇する気がする。笑 安くて便利なのはわかるけど、さすがに全身が一緒だと気づくって・・・。

おすすめ度:☆☆(星2つ)

H&M

スウェーデン発祥のファストファッションブランドで、「安いのにデザインが良い」ことを売りにしている。有名デザイナーを雇って服を大量生産・大量投下し、売り切れても再生産はせずに新しいデザインの商品を出してくるため、いつ行っても新しい発見があり、非常に面白い。

個人的に、このブランドの服を着ている子はだいたいキャピキャピしてる(笑)メンズでもアロハ系の服が多いところを考えると、もともとそういう人向けのお店なのだろう。店員さんもチャラチャラしてるし、つまりそういうことなんだろうなぁ・・・。

おすすめ度:☆☆☆(星3つ)

GAP

アメリカ発祥のブランドで、アメリカンカジュアルな服を多く扱っている。

正直、このお店はメンズとレディスの違いがわからん。笑 男女関係なく「GAP」とデカデカ書かれたパーカーを着てる印象しかない。ズボンもジーパンばかりだし、アメカジらしいと言えばアメカジらしいんだけど、女の子らしさを感じられないのよね。もしかしたら女の子らしい商品もあるのかもしれないけど、正直知らないわ。ごめんな。

おすすめ度:☆(星1つ)

ZARA

スペイン発祥のファストファッションブランドで、白と黒系の洋服を多く取り扱っているのが特徴。

黒系の服を着こなすのは、正直女の子にとって難しいと思う。男に対しては文句なく「ZARA」をオススメできるのだが、レディスに関しては微妙だと思う。メンズと違い、黒い服を恒常的に着る女性が少ないからだ。黒系の服を着る人が少ないということは、「黒い服を着るモデルが少ない」ということにつながり、結果、着こなすのが難しくなってしまう。良くも悪くも着こなすのは難しいかと・・・。

おすすめ度:☆☆☆(星3つ)

Honeys

日本生まれのファッションブランドで、ヤングカジュアル婦人服を中心に「若い女性」の服に特化しているのが特徴。

知ってのとおりぼくは男なので、このお店で洋服を買ったことは一度もないし、お店に入ったことすらない。ただネットショップを見る限りでは価格もお手ごろであり、なかなか有力な選択肢に入るのではないのだろうか。店舗数も多く、商品を手に入れやすいのも良い点だと思う。

おすすめ度:☆☆☆☆☆(星5つ)

WEGO(ウィゴー)

大阪生まれのブランドで、若者向けの洋服が多くそろえられているのが特徴。

H&Mに似た特徴があるのがこのお店。典型的トレンドファッションを揃えに行くならここに行って損はないと思う。ただ、お店全体がウェイウェイしているので、正直やや入りづらい。笑 また、個性が強く、主張していく服が多いため、着る人を分けるのも難しいところ。ただ、トレンドを抑えてはいるので行く価値はあると思う。最近のWEGOはなんかズレてる気がするんよな~(´・ω・`)

おすすめ度:☆☆☆☆(星4つ)

GLOBAL WORK

日本の服屋「ポイント」が展開するブランドの一つ。

ユニクロやGUの服を着こなせるなら超オススメの、個人的に推しのブランド。ユニクロよりはやや高めだが、その分質も良い。ただ女の子らしいキャピキャピした服はあまり用意されていない。メンズに比べてレディースはやや年齢層が高い気がする。うまく着合わせないとおばさんになる可能性があるのでその点は注意。

おすすめ度:☆☆☆☆(星4つ)

anySiS

株式会社オンワードが展開するプチプラブランド。

20代前半がターゲットということもあり、やや大人っぽい服がそろう傾向にある。そしてネットショップを見る限り、ややお値段お高め。あくまで社会人向けなのだろう。大学生には少々手を出すのが難しいかもしれないが、ほんわか系女子を演出するにはなかなか便利なお店(だと思う)のでぜひトライしてみてほしい。

おすすめ度:☆☆☆☆☆(星5つ)

niko and…

株式会社アダストリアが展開するブランドの一つ。

メンズでも書いたのだが、面積の割に取り扱っている洋服の量が少ない。服自体はとても良いものが多いだけに、そこが残念なところ。

おすすめ度:☆☆☆☆(星4つ)

SHOO・LA・RUE

株式会社ワールドが展開するブランドの一つ。

anySiSと同じような服を作っているのに、そこそこ安い。なかなか便利だと、個人的には思う。ただ、ワールド全体の特徴として、繁華街にお店がないという点がある。これが少し欠点になるかもしれないので要注意。でも悪くはないと思う。

おすすめ度:☆☆☆☆(星4つ)

URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)

大阪・アメリカ村発祥のブランド。

社会人・主婦がメインターゲットとなっている側面があるため、オトナっぽい洋服を多く取り扱っている。うまく着こなせれば強いが、「背伸びしすぎ」感が出がちになるので要注意。また、お値段はかなり高め。予算に余裕があれば手を出しても良いが、基本的にアウトレットで買うブランドだと、個人的には思っている。笑

おすすめ度:☆☆☆(星3つ)

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

日本のセレクトショップ業界最大手。BEAMS,SHIPSとともに、「セレクトショップ御三家」と呼ばれている。

メンズ側の記事でも書いたが、社会人がメインターゲット層となっているため、お高い。こちらも予算に余裕がある人向け。

おすすめ度:☆☆☆(星3つ)

しまむら

メンズ向け記事では文句ばかり言っていた「ファッションセンター しまむら」だが、レディス向けに関しては悪くないと思う。品揃えも豊富で、その上安い。また、1点ものが大多数を占めるため、「カブり」が少なくなるのも良い点だと言える。ただ、生地・粗製はムラがあるので要注意・・・。

おすすめ度:☆☆☆(星3つ)

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「女子大学生が着るファッションブランド」について勝手にイチャモンつけてみました(笑)。

今回の記事を参考に… しないでください!!

それでは。今日も良い一日になりますように。

↓ガチで書いたメンズ版はコチラから

error:
タイトルとURLをコピーしました